令和元年 志津川中央団地夏祭り

令和元年8月4日(日)午後4時より志津川中央団地集会所にて夏祭りが行われました。

地元の皆さま方が行われる地域の行事に、本年も南三陸町で長期休暇中の子どもたちの学習支援などを行っている東京大学の学生ボランティア「UT-OAK」の皆さんとご一緒し、宮曹青・教化指導員(旧 青少年教化員)も昨年に続いて15名の参加をいたしました。

昨年も行いました演劇や流しそうめん、本年は好天にも恵まれたため、かき氷やスイカ割りといった内容にて活動を行いました。

午後4時若干を過ぎて、宮城県の曹洞宗教化指導員の方々による「BE BRAVE」の皆さんによる演劇が行われました。

流しそうめんはたくさんの人が賑わい、女性陣のご尽力の甲斐があって、大人も子どもも大勢の方々が喜んでおられました。私達を含め、のべ70名程の来場者であった模様です。

昨年も雨の中多くの方々がいらっしゃいましたが、今年もまた多くの方々が来られて、お祭りらしい賑やかな雰囲気がこの中央団地集会所に広がっていました。

この集会所にて宮曹青が活動をするのは、昨年8月、本年3月に続いて3回目です。仮設集会所にての活動から数えれば、もっと多くの機会と時間をご一緒にしていますが、この「新しいふるさと」へ皆さまが「戻られてから」、また夏祭りを迎えたんだという思いが心に浮かびました。また、現地解散し帰りの車中にて緊急地震速報があり、福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震がありました。先程までご一緒していた皆さまの身を案じるとともに、何が起きるか分からないという不安があるからこそこのような機会にて、人と人とが関わりをもって生きることの意義を感じました。

地域の方々の夏祭りのイベントをお手伝いし、少しでも喜んでいただけましたなら幸いです。また、このような機会にてお会い出来る方々とのつながり・ご縁にもありがたく思います。

皆さまありがとうございました!

令和元年度 第1回研修会(於、岩手県水沢市 正法寺専門僧堂)

令和元年7月17日(水)第一回研修会を、岩手県水沢市 曹洞宗専門僧堂 正法寺様に拝登し、実施を致しました。正会員・賛助会員併せて50名のご参加を頂きました。

今回の研修では僧侶の根幹である僧堂修行の実践に立ち返り、会員同士研鑽していく事を目的としました。

・研修始めの会長挨拶
・拝登諷経の様子・集合写真
・諸堂拝観の様子
・僧堂をお借りしての坐禅
正法寺様での坐禅は僧堂でしか味わえない雰囲気や凄みを感じる中で、自然の音や香りに包まれての坐禅はとても心地良よく、心穏やかに静かな時間を過ごさせていただきました。

・盛田老師のご法話
研修日程の最後は正法寺専門僧堂の堂長を務められておられます 御住職 盛田正孝老師による、『弁道から布教―上求菩提と下化衆生』というテーマでのご法話をいただきました。
森田老師のご法話からは「上求菩提があってこそ下化衆生に繋がる事」、「特別な事を行うのではなく基礎をしっかり固める事」の大切さを改めて学ばせていただきました。

今回の正法寺様への拝登は、自身の僧侶としての生き方を振り返ると共に、今後の生き方の活力をたくさんいただいた研修となりました。

宮城のお隣であり、身近にある専門僧堂にて過ごした一日は久しぶりに僧堂の雰囲気を体感させていただくと共に、とても身が引き締まる思いであったことが強く印象に残ります。

お引き受けして頂いた山主老師を始め役寮を務められる老師皆さま、ご対応をして下さった大衆の皆さまに感謝を申し上げるとともに、遠方での研修に労をいとわず随喜して下さった皆様、誠にありがとうございました。

第25回 カンボジア教育支援チャリティーバザーの開催お知らせ

カンボジア教育支援チャリティバザーが今年も開催致します。

場所や日時は下記の通りとなります。

日時:令和元年9月5日(木) 正午12時30分より開場予定 午後1時より販売開始

(来場者の状況によって入場整理券を配布する場合もあります。)

開場:東松島市 大塩地区体育館

住所:宮城県東松島市大塩字中沢26-1

※写真は昨年(平成30年)の様子です

皆さまお越しをお待ちしております。

令和元年度 第2回理事会 議事録

令和元年6月17日(月)、仙台市東禅院様にて第2回理事会を開催いたしました。
審議事項は以下の通りにて進められました。

1.令和元年度「ソフトボール大会」活動報告・決算報告
2.令和元年度「第1回研修会」開催について
3.令和元年度「戦災犠牲者慰霊並びに平和祈念」について
4.令和元年度「チャリティバザー」開催について
(審議終了後、その他報告事項。)

議事録はこちら。

令和元年 ソフトボール大会

令和元年6月6日(木)富谷市総合運動公園グラウンドにて宮城県曹洞宗宗務所・宮曹青共催「令和元年ソフトボール大会」が、46団体、291名のご参加をいただいて開催されました。

大会前日から朝にかけての雨により、グラウンド状況など運営の心配もありましたが、開会式を迎えるころには心配は全く杞憂となるほどの好天に恵まれました。

事務局・事業委員の皆さまは早くに集合し、グラウンドの整備と会場の設営にあたりました。

予定時刻の9時より開会式が行われました。

開会宣言 副会長 千田祥幹師

三田村宗務所長より御挨拶

清月記 相澤充央氏による選手宣誓

当会会長 神作紹道師 挨拶

ルール説明 交流事業委員長 笠松秀俊師

ご参加して下さった皆様、得意・不得意に関わらず好天の下でのスポーツを通じた交流を楽しんでおられ、笑顔の中でもプレー際しては真剣に取り組んでいただきました。

審判団の方々への、また今大会には看護師資格をお持ちの方の常駐をお願いするなど大会運営に万全を期して臨んでおりましたが、皆様のおかげもあって和気あいあいとした雰囲気中での大会進行となりました。

トーナメントを勝ち進み、決勝戦に進んだのは「創寿苑」チームと「ベルコ」チーム。

お互い連戦を勝ち上がり疲れもある中で、最後までゲームを楽しみ、全力でプレーを行っておられました。

今大会の優勝者は……

「創寿苑」チーム!!

他のチームの皆さんからも「意気込みが伝わってくる」と、そのようなプレーが印象的でした。

 

準優勝の「ベルコ」チームさんも、たくさんの素晴らしいプレーをありがとうございました。

惜しくも敗退されたチームもブロックトーナメントを勝ち抜いたチームも、皆さん楽しみながらのフェアプレーを順守されまして、大過なく無事に大会を終えることが出来ました。また、大会運営も本年の振り返りを行い検討を重ね、来年もより多くの笑顔に恵まれる大会にしたいと思います。

皆さまのご参加並びにチャリティへのご協力、誠にありがとうございました。

 『 大 会 結 果 』

優勝  「創寿苑」チーム      3位  「3教区」チーム

準優勝 「ベルコ」チーム      3位  「1教区」チーム

〇 サンタピアップみやぎボランティア会への募金 11,678円        (ファインプレーなど、各所設置のチャリティBOXによる)

 

第26期新会長 神作紹道 挨拶

第26期スローガン  「一味同心」〜新たな時代に向かって〜

この度、宮城県曹洞宗青年会(以下、宮曹青) 第26期会長の大任を拝する事になりました仙台市 清凉寺 神作紹道です。

 お陰様にて、昨年(平成30年)に宮曹青は、創立50周年を迎えることが出来ました。昭和44年に、熱き想いと決意を胸に県内諸老師が結集され宮城県曹洞宗青年会が発足されました。会の目的を「会員相互の研修と親睦を図ると共に布教教科活動を推進すること」と定め、歴代の会員の方々が脈々とその志を受け継ぎながら活動してきた半世紀の歴史に感謝と敬意を覚えます。同時に、そのような宮曹青を代表する立場になりました事に責任の重さを改めて感じ、誠に身の引き締まる思いがいたします。

 さて、第26期のスローガンは「一味同心〜新たな時代に向かって〜」とさせていただきました。この「一味同心」という言葉は、道元禅師の法灯を受け継いだ瑩山禅師が「洞谷山尽未来際置文」に残された言葉です。「出家、諸門弟等、一味同心にして当山をもって一大事と為し、ひとえに五老峯を崇拝せよ」と教示され、時代が変遷しても志を同じくするものと手を取合い、難値難遇有りとも和合和睦をもって永光寺を護持して行きなさいとお示しになったのです。

 私はこの言葉に倣い、会員の方々と一味同心にして宮曹青を想い、歴代祖師、歴代先輩諸老師の教えを受け継ぎながら、当会の目的を遂げるため、共に歩みを進め、宮曹青をさらなる発展、そして次代につなげたい所存です。そのためには何が必要か。それは、仏道にさらに精進し、御仏の教えをお伝えすること、全ての方々が心穏やかに生きていけるよう願い、活動することです。

創立より半世紀を経た宮曹青は、今では平成生まれの方が多く活躍されるようになって参りました。東日本大震災以降、被災した地域は五里霧中の生活の中でも町の様子は刻々と変化を遂げています。首都圏では2020年の東京オリンピックに向けて町が様変わりしています。そして、平成から令和へ移り変わる2019年、第26期は多くの変化の中を、宮曹青の新たな50年に向けて歩み始めることになります。

時には、困難に遭遇するかもしれませんが、新たな時代に向かって、守るべきものを守り、しかしながら変化を恐れず、第26期は、一味同心に邁進して参りたい所存でございます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。