カテゴリー別アーカイブ: 旧会長挨拶

歴代会長の挨拶です

第25期新会長 長谷川俊昭 挨拶

宮城県曹洞宗青年会第二十五期会長就任に際しご挨拶を申し上げます。

 この度、四月の定例総会において宮城県曹洞宗青年会第二十五期会長を拝命いたしました、第十一教区石巻市耕徳寺住職長谷川俊昭と申します。もとより非才不徳の身でありますが、誠心誠意、覚悟をもって大任を果たしてまいる所存であります。何卒宜しくお願い申し上げます。 

 今期、宮城県曹洞宗青年会は創立五十周年の節目を迎えます。諸先輩老宗師が真に仏道に歩まれ、研鑚を重ねられた歴史を受け継ぎ、当会の目的「会員相互の研修と親睦」「布教教化活動の推進」の実現に向けて、また会員の皆様、地域社会に寄り添った活動を目指して、第二十五期役員一同務めてまいります。

 さてその五十年の歩みを振り返っても、先の東日本大震災後は、青年会においても激動の六年間でありました。未曽有の大震災、甚大な被害に茫然自失、誰もが自らの無力さを痛感させられました。

 そのような状況でも拠り所となり、青年宗侶として「今、成すべきこと」を示してくれたのも、復興支援を通し強い連帯感、「絆」を築かせてくれたのも青年会活動でした。

 諸先輩老宗師から受け継いだ「青年会は先ず行動」その志を胸に、被災御寺院様の片付けや物資配給炊き出しに一意専心、復興支援に取り組まれた第二十二期奥野会長。その後、仮設住宅での傾聴を中心とした支援活動と共に震災前の通常行持、研修会、ソフトボール大会、チャリティバザー等を状況を鑑みながら再興、粉骨砕身務められた第二十三期天野会長。

 さらには、仏教者としての原点、すべての方々の苦しみ悲しみに寄り添い「ひとの安らぎを自らの安らぎとする」慈悲の実践、菩薩行の継続を旨としたスローガン「自己を磨き他に尽さん」のもと、通常行持の本格的展開と共に第四十一回東北地区曹洞宗青年会地方集会「宮城大会」主催した第二十四期。

 特に「宮城大会」は第一部東日本大震災七回忌法要、第二部復興祈念行持、第三部追悼復興コンサートの三部構成とし、その規模もさることながら、参加者の皆さんはもとより我々、随喜者にも深い感動を呼ぶ、そして多くの方々の「心の復興」(教化)の一助となる意義のある大会となりました。第二十四期は多忙を極める中で前期北村会長の揺るぎない信念と役員会員が懸命に一丸となり活動を展開された期でありました。また布教教化の重要性をあらためて考える機縁となり、これからの活動の道標を指し示していただいたと考えております。

 創立から四十八年の歴史は、諸先輩老宗師が仏道を護り、伝えられた歩みであり、それこそが御仏の教えを実践し続け仏恩に報いる姿、青年宗侶のあるべき姿であります。我々もそのお姿に学び、仏道に日々精進してまいります。

 第二十五期スローガンを『護り伝えん御仏の道』とさせていただきました。

 今期各委員会がそれぞれ多角的観点から、「今」求められる研修、事業を企画、会員相互の資質向上の場とし、さらには各自の積極的な布教教化の実践に繋げる当会の目的「会員相互の研修と親睦」と「布教教化活動の推進」を目標に取り組んでまいります。

 東日本大震災後、社会では宗教者がより注目されています。それは我々が期待をされているということに他なりません。未だお察し切れない悲しみの中にお暮らしの方々、また全国各地で発生する自然災害や社会問題、日々激しく変化を続ける世の中に、不安や苦しみを抱えられている方々に、青年宗侶として寄り添い耳を澄まし傾けること、ともに歩み続けることが我々の使命であると考えます。

 そのような青年宗侶を目指していく為にも御仏から脈々と絶えることなく伝えられた、教えを受け継ぎ、そして未来へお伝えしていく(相承)、自覚と意識を高めていける青年会活動となるよう共々に研鑚に努めてまいりたく存じます。

 宮城県曹洞宗青年会創立五十周年を記念し、来年平成30年秋に「記念式典」「基調講演会」を開催すべく準備委員会を発足、検討を重ねております。併せて「五十周年記念誌」の発行に向け広報編集委員会を中心に編集を進めております。五十年の歩みを振り返り学び、これからの青年会、青年宗侶としてあるべき将来像を考える内容を目指し取り組んでまいります。

 結びに、私事ではありますが顧みますと安居を終え間もなく、右も左も分らないまま住職となった私に、青年宗侶としてだけではなく人として、多くを学び、沢山のかけがえのない出会いを頂戴したのが青年会でした。「仏道に生きる」我々のあり方を示され、厳しくも温かく助言いただける先輩方を勝手ながら兄のようにお慕いし、ともに切磋琢磨し支え合う仲間を兄弟のように思いながら十八年間、活動に参加してまいりました。いつかは、このご恩返しをと心に決めておりましたがしかしながらその責務は重大であります、尚一層の御指導、お力添えを賜りながら務めてまいりたく存じます。どうぞ二年間宜しくお願い申し上げます。 末筆となりますが、御寺院様、会員の皆様、並びに関係各位におかれましては、当会への益々のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。合掌

宮城県曹洞宗青年会 第24期新会長 北村暁秀 挨拶

第24期スローガン「自己を磨き、他に尽くさん」

平成27年4月の定例総会より第24期会長を拝命いたしました、石巻市(13教区)法山寺副住職の北村暁秀と申します。
さて、国難とも言われた東日本大震災、未だ復興半ばであり、多くの方々がその混乱の中に身をおいていらっしゃいますが、それは宮曹青にとっても同様でありました。
当時を振り返りますと、程度の多少はあってもおよそ総ての会員が被災してしまうという、未だかつて誰も経験したことのない状況の中で、支援物資の配給や被災寺院の片付け作業に奔走された当時の会員諸師の姿は今でも忘れることができません。
幾度にも及ぶ物資配給や炊出しに寺院片付け作業、さらには一年に及ぶ月命日供養に慰霊行脚など、紙面では語りつくせないほどでありました。
また、この2年間は天野大真会長の元、復興支援活動を受け継ぎ仮設団地での傾聴活動を主軸にされるなど、時宜に適した形で幅広く展開されつつ、従来の研修会やチャリティバザー、会員大会にソフトボール大会などの行持を復活され、宗侶のみならず特別会員の皆さんとの関係再構築にもご尽力されたのでありました。通常であっても当会の活動は年間を通じ多岐にわたりますから、二本の柱に同じように重きを置いて活動されたご苦労は計り知れないものがあります。
この4年半、何れの期も震災の混乱の中、活動するにあたって様々な葛藤や迷いがあったことは想像に難くありませんが、それでも前述のように活動を継続展開できたのは、そのすべてが菩薩行だったからだと思うのです。悩み苦しみ悲しんでいる方を放ってはおけない、活動に参加された誰もが「ひとの安らぎを自らの安らぎとする」まさに慈悲の実践としてそれぞれが菩薩の行として取り組まれたことが各々の芯となっていたからこそ可能であったと思うのです。

そこで、今期、第24期も同じく菩薩行を継続して参りたくスローガンを「自己を磨き、他に尽くさん」といたしました。これは「欣求菩提 教化衆生(上求菩提 下化衆生)」であり、「修行と教化」すなわち仏教の命題とする「智慧の獲得と慈悲の実践」であります。
しかしながら、「修行と教化」は切り離された別々のものではなく、この4年半の活動がまさにそうであったように、教化に勤しむ中で自らも学び、磨かれていく自己もあり、共に深まっていくものだとも実感いたしました。
つまりスローガン「自己を磨き、他に尽くさん」をより端的に表現するならば「教化」であります。ただし、「教化」といっても何か特別難しいことをいたそうというのではなく、どんな活動や研修も教化に適っているかどうかをしっかりと見つめながら行持していくこと、教化を意識してすべてを行っていくことであります。
そうして宮曹青の活動や研修に参加された会員の方々が最終的にはご自坊檀信徒の皆様や地元の地域社会などの教化活動にフィードバックして頂けるものにして参りたく存じます。
その実現のために今期は従来の4つの委員会に加えて特設として教化委員会を新たに設置し、5つの委員会で活動して参ります。研修委員会は主に法要を通じ、広報編集委員会は紙面やHPを通じ、ボランティア委員会は傾聴活動やボランティア活動を通じ、交流事業委員会は交流行事や慰霊行脚を通じて、それぞれが強く教化を意識しながらの活動といたします。さらに今期特設としての教化委員会は、布教教化の可能性や方向性あるいは問題点などを探る研修を通じて会員相互に学び合い、それぞれのご自坊や師寮寺における布教教化活動に活かして頂けるものを目指します。

東北地方集会「宮城大会」について
来年秋に予定されている「宮城大会」でも教化をテーマとして開催いたします。委員会それぞれの活動や研修を通じて深めたものの集大成となるような大会を目指して参ります。
詳細は準備委員会を発足して現在協議中ですが、「東日本大震災七回忌予修法要」や「復興祈念行持」ならびに「記念講演」を開催し檀信徒の方々や一般の方々大勢にご参加頂き、共に宗教的感動を分かち合えるような内容を鋭意検討して参ります。

結びに
「将来恩返ししていくのだよ」16年前の自身庶務時代、ある先輩が仰っていた言葉です。当時はあまりピンと来ませんでしたが、様々なお役を拝命してきた中でたくさんの方との出逢いや数え切れない大切な教えを頂戴して参りました。私などでは遠く及びませんが「相承」のおさとしの如く、受け継ぎ頂戴したものを僅かでも次世代の会員皆様のお役に立つことを願いながら「恩送り」としてお伝えさせて頂くことができれば幸甚であります。それが先輩方の願いであり先輩方への恩返しでもあると思うからです。
皆様には当会への益々のご理解とご協力ご法愛を賜りますよう何卒お願い申し上げます。
合掌

第23期会長 天野大真 

会長写真 総会時
     第23期会長 天野大真

第23期スローガン ≪他は是れ吾にあらず≫

この度宮城県曹洞宗青年会第23期会長を勤めさせていただきます、第八教区皆傳寺副住職 天野大真です。

これまで、青年会という組織は自己の研鑽と相互の懇親を深めることが大きな2本の柱でした。私自身も平成9年にはじめて事務局員として参加させていただいて以来、沢山のことを学ばさせていただき、また数多くの勝友と巡り会う機会を頂戴しました。

そして、二年前の震災以来、奥野前会長率いる青年会はまさに市井に飛び出し、活動する僧侶の団体として、月命日供養から被災地行脚まで、被災された方の苦しみや悲しみに対し、まさに少水のよく石を穿つがごとしのスローガン通りの粘り強く、しっかりと腰の据わった活動を続けられてきました。

会員の皆様もよくご存じの事とは思いますが、まだまだ震災の苦しみや悲しみ、喪失感は2年前のままではないかと思います。先日、ある仮設住宅にうかがったところ、そこに住んでおられる70歳くらいのご婦人が、《よくテレビで、震災の恐ろしさを忘れないと言っているけれど、私たちにとっては今でも考えると震えがくるほど忘れたくても忘れられないんだよ》と言っていました。 まだ震災復興支援活動は終わりません。さらに言えばこれからの活動こそ、復興への足がかりとなる重要な機会となりうるのではないかと思います。

今期の青年会は《他は是れ吾にあらず》のスローガンのもと、自ら活動するなかで学ぶ、活動しながら学んでゆくことを柱として、事業を展開させていただきます。もちろん、青年会は自己の研鑽と懇親の大変重要な場であります。そしてそれ以上に他の誰でもない僧侶にしか出来ない活動が出来る組織としての青年会を考えていきたいと思います。会員の皆様のさらなるご理解とご協力をお願い申しあげ、誠に措辞ですが、挨拶とさせていただきます。