カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

【第41回 曹洞宗青年会東北地方集会 宮城大会】のお知らせ

平成28年11月9日(水)、仙台サンプラザホールにて【第41回曹洞宗青年会東北地方集会 宮城大会「まごころに生きる」】が行われます。

第一部

大本山總持寺貫首 江川辰三大禅師猊下御親修 東日本大震災七回忌法要

 

第二部

復興祈念 和太鼓 「鼓司(くす)」

 

第三部

追悼復興コンサート 南こうせつ

 

宮城大会の公式フェイスブックを開設しました。

詳細などはこちらをご覧ください。

曹洞宗青年会東北地方集会 宮城大会公式フェイスブック

なお、この公式フェイスブックは上部のリンクにもあります。

平成28年度 「第22回チャリティバザー」開催のお知らせ

今年もバザーを行うことが決定しましたのでお知らせいたします。

期    日:平成28年9月6日(火)午後1時より販売開始

会    場:登米総合体育館「とよま蔵ジアム」

 

まずはご案内のみにて失礼いたします。

「亡き人への手紙」募集のご案内

亡くなられたあの方へ 手紙を書いてみませんか?

言えなかった「ありがとう」の一言でも、伝えたい思いを手紙に寄せて

手紙が大切な人の死を乗り越える、一つのきっかけになれば

手紙を書くことで、みなさまの悲しみが少しでも癒えるならば

そんな願いを込めて「亡き人への手紙」を募集させていただきます。

【内容はあなたと亡き人へのものです。一切公表しません。】

◎お寄せいただいたお手紙は平成28年3月に当会主催の法要にて責任を持ってご供養お焚き上げさせていただきます。

◎法要の内容詳細は当会ホームページにてご報告いたします。

募集期間:平成28年2月末まで

ご希望の方は下記の事務局宛てにお送りください。

【宛先】 

〒981-0122 宮城県宮城郡利府町菅谷字南熊ノ前41 道安寺内

宮城県曹洞宗青年会 行  「亡き人への手紙」在中

【お問い合わせ】

事務局: 上記住所

TEL: 022-356-2532 / FAX: 022-356-2533

E-mail: info@miya-sousei.com

終戦70年行事 「平和祈念の鐘」 鐘打ご協力のお願い

終戦70年を迎える本年、今年度布教教化方針-4「ともに喜びを分かち合える平和な社会の実現」に則り、当会と致しまして標記の終戦70年行事を企画いたしました。物資が貧しかった戦時中、武器を作るために全国各地の寺院の鐘が供出された戦争の歴史がございます。梵鐘がそのまま無くなってしまったお寺様も多いと聞き及んでおります。

そこで、戦争の惨禍を忘れず、犠牲になられた方々への慰霊と恒久平和を祈り不戦を誓うべく「平和祈念の鐘」鐘打を実施致したく存じます。

当会会員の御寺院様のみならず、県内一ヶ寺でも多くの御寺院様、一人でも多くの方々と共に同じ誓いと祈りを捧げたく存じます。

つきましては、お盆の忙しい中大変恐縮に存じますが、各御寺院様にて下記の如くご実施賜りますよう伏してご協力をお願い申し上げます。

また、檀信徒の方や地域の方々にもご周知頂き、より多くの皆様で心を一つにして実施賜れば、尚幸甚に存じます。

 

期日 平成27年8月15日

時間 正午より1分間

方法 各寺院にて正午の時報に合わせて黙祷

その間 大梵鐘や鏧子、殿鐘などを等間隔で鐘打

(鐘の種類は何を用いられても結構です)

※上記方法は一例ですので、各御寺院様のご状況で適宜にご実施ください

 

以上

東日本大震災 被災地慰霊行脚並びに大川小学校追悼法要・『亡き人への手紙』お焚き上げ供養

雄勝地区行脚
平成27年3月11日(水)東日本大震災被災地慰霊行脚(全曹青・宮曹青共催)並びに大川小学校追悼法要(遺族会主催法要随喜)、無事修行して参りました。

当日は石巻市海蔵庵様別院に集合し全曹青からお声掛け頂き全国からご随喜頂いた22名の会員と宮曹青から32名が参加し強風吹きすさぶ中での行脚となりました。
コースを大川、雄勝、北上の3つに分けて途中、地元御寺院様や慰霊碑の前でご供養しながら行脚致しました。
大川コースの途中海岸では皆様からお寄せ頂きました『亡き人への手紙』をお焚き上げ供養させて頂きました。

①大川コース
海蔵庵出立法要

海蔵庵本院にて出立諷経
大川地区行脚手紙 お焚き上げ②

手紙 お焚き上げ④

亡き人への手紙 お焚き上げ(加工)
海岸にて「亡き人への手紙」お焚き上げ供養 

大川龍谷院慰霊

 龍谷院慰霊碑にて
大川小学校慰霊

 大川小学校前慰霊碑にて


②北上コース

北上地区行脚_R

 

北上地区行脚④_R

 

③雄勝コース

北上地区行脚③_R

 

行脚を終え大川小学校遺族会主催の慰霊法要に随喜し、14時46分に黙祷の後、法要を修行しました。

大川小学校慰霊法要②

 

大川小学校慰霊法要

遺族会会長のお言葉の中で震災から4年を迎えても遺族の悲しみは今もあの頃のままと仰っておられました。
東日本大震災から4年。
参加したそれぞれが胸の中であの日からを振り返り、亡き人へせめてもの想いでご供養致しました。