「平和祈念の鐘」鐘打実施

令和4年8月15日(月)、終戦から77年を迎え、宮城県の曹洞宗各寺院では正午より終戦の「平和祈念の鐘」が1分間鳴らされました。

お盆でしたのでお墓参りに来た方々も鐘が鳴るとその場にて手を合わせ、黙祷をし、戦争で犠牲になった人たちに祈りを捧げられていました。

ふうどばんく東北AGAIN様に食品などを寄贈しました(8月)

8月3日に富谷市にあります【ふうどばんく東北AGAIN】様に訪問致しました。

今回は宮城県の各御寺院様からご提供いただいた食品などの寄贈をしてまいりました。

今後もできる範囲で活動のご協力をしてまいりたいと思います。