月別アーカイブ: 2019年3月

平成31年 東日本大震災被災地慰霊行脚 及び 大川小学校慰霊法要

平成31年3月11日(月)、石巻市大川地区において東日本大震災慰霊行脚を行いました。

 

本年は風も吹き冷たい雨が降りしきる天候でしたが、私達も含め、それでも訪れる方々というのがこの地には確かにあります。

この日を迎える事の意味に思いを廻らし、慰霊・鎮魂の祈りの気持ちを強く致しながらの行脚となりました。

集合地 海蔵庵様

長面地区 龍谷院様

釜谷地区 観音寺様 釜谷霊園

旧大川小学校校舎

旧大川小学校校舎

8年という歳月が瞬く間に過ぎ行く中で、あの日から続く心の痛む日常の中を過ごされている方々も、また今年の3月11日を迎えておられます。

復旧や復興、帰還といった言葉に含まれる人々の未来を願う気持ちと、身の回りの環境や境遇の変化の中にあってなお痛切になる悲しみと、どちらにも絶える事の無い祈りが捧げられています。

その人々の気持ちや思いから離れる事の無いよう、私たち僧侶も願いも新たに発する日となりました。

平成30年度会員大会開催報告

去る平成31年2月20日(水)、ホテルグランテラス仙台において「平成30年度会員大会」が開催されました。

当日は正会員、特別会員とも多数のご参加をいただきました。

長谷川会長 千田事務局長

 

今回講演いただきました鈴木岩弓先生

第一部として「イエ亡き時代の死者、生者、そして寺」と題し、東北大学総長特命教授 鈴木岩弓先生に講演いただきました。

死生学を専門とされ、東日本大震災以降も東北大学文学部教授のお立場より実践宗教学寄付講座の責任者として、さらには現在では特命教授として精力的に活動されておられます。大学の授業など多忙な中お越しいただきました。

都市と地方、近年続いて多く発生する大災害、社会構成の変化など日本社会の変遷に伴い、日本人の死生観もまた昔からの伝統に依らない形が多く見分されるようになりました。現代の葬送や墓制について、豊富な見識から話題の提起を頂き、多くの学びを頂戴しました。

 

第二部は場所をボウルサンシャインに移しまして、恒例のボウリング大会を行いました。

第3部では懇親会が開催され、ボウリング大会の表彰を行うとともに、平素よりお世話になっております特別会員様との交流が行われ、懇親を深めました。

ご加担・ご参集頂きました多くの皆さま、ありがとうございました。