カテゴリー別アーカイブ: ボランティア

サンタピアップみやぎボランティア会 平成27年度定例総会

平成27年7月12日(日)仙台市 国分尼寺に於いてサンタピアップみやぎボランティア会「平成27年度定例総会」が開催されました。
出席者32名、議長には仙台市福聚院 伊達吉信師が選出され次の事項が慎重審議され全て承認されました。

・平成26年度事業報告、決算報告、監査報告
・新役員選出(案)
・平成27年度事業計画、予算(案)

新役員選出に先立ち、新会長北村暁秀師の挨拶の中で平成27年度中の新学校の建設が発表されました。※サンタピアップとして18校目となります。

総会の後、研修会として講師に「シャンティ国際ボランティア会 海外事業課カンボジア担当 眞屋友希氏」を迎え『今を生きるカンボジアの子供たち』の演題で講演を頂戴しました。

カンボジアの歴史・カンボジア人の識字率などのデータ他、映像や画像を使ってカンボジアの現状をわかりやすく教えていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
長年に渡り当会に関わっていただいている早坂文明老師
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
北村新会長(真ん中)、天野前会長(左)、長谷川新副会長(右)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
議長を務めていただいた福聚院 伊達吉信師
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新事務局長三輪宗俊師

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回講演いただきました眞屋友希氏

傾聴活動報告 仏一息 登米市

DSCN0265

今年度第1回目は、前期より何度か訪問させていただいている登米市南方仮設にて傾聴活動をいたしました。

正会員26名 婦人会様9名の参加

来場者 男性7名 女性32名

でした。

DSCN0371

DSCN0381

DSCN0407

DSCN0450

DSCN0463

DSCN0460DSCN0469 

今回は14教区青年会の方に炊き出しをしていただきました。献立は自治会長さんから希望のあった地元料理のはっと汁と、炊き込みごはんでした。

はっと汁に入れる具材のはっと粉の練る作業を住人の方と一緒にしたのですが、さすが地元の方といった感じの慣れた手つきで作ってくださいました。非常に盛り上がった企画の一つでした。

他にも団扇に絵を描く作業、キーホルダー作り、数珠つくりを、お茶を飲みながら行いました。

DSCN0284

DSCN0285

DSCN0270(1)何度も宮曹青としてお邪魔していることもあり、住人の方も私たちを温かく迎えてくださいました。

盛り上がった雰囲気ではありましたが、あるご婦人とお話した際、「まだ主人が見つかってないんです。毎日仏壇に向かって帰ってきてほしいと祈ってます。お骨が入っていないお墓にもいつもお参りしてます」と目に涙を浮かべながら話してくださいました。

DSCN0312

 DSCN0492

ボランティアに携わる人間としてこれからも微力ながらも被災された方々に寄り添っていきたいという思いを新たにいたしました。

 

傾聴行茶活動報告⑨

P3160010

今回は、昨年7月にお伺いさせていただいた町北第三団地、役場前団地、大森団地の三カ所にて傾聴行茶活動『仏一息ほっとひといき』を行わせて頂きました。18名もの会員諸師がご参加頂きました。

P3160004
今回もお話しする機会を多く取り入れながら、ものつくりなどをさせて頂きました。また、お昼をまたいだ時間での開催でしたので、お昼ご飯代わりの軽食と飲み物や菓子をご用意させていただきました。県婦人会様より6名、特別会員1名のご参加もございました。

P3160006_1 P3160003

住民の方々は震災から4年が経った今も仮設住宅での生活を強いられておいでです。不安や憤りの気持ちが溜まっておいでのはずですが、訪問させて頂いた我々と笑顔を見せながら楽しく過ごして下さったようでした。私たちも寄り添う気持ちで接してまいりました。また4月より災害公営住宅に引っ越される住人もおられ、住民同士のお別れ会の趣旨を踏まえたお茶会になった所もございました。住民同士のコミュニケーションの場として傾聴活動を利用してもらうことが出来たのではないかと思います。

P3160007 P3160011
ボランティア団体の訪問が減る中、我々青年僧の姿をご覧になって安心してくださる方もいらっしゃいました。今後も継続的に傾聴行茶活動『仏一息ほっとひといき』を展開し、住民の皆様の安心につながって頂ければと思います。我々も何度も仮設住宅に足を運んでいかなければならないと思います。

第20回カンボジア教育支援チャリティバザー開催報告

 

平成26年10月8日(水)第20回カンボジア教育支援チャリティバザー無事終了しました!
IMG_4448

会場となった「三本木総合体育館」IMG_4279

 

バザー開催の前日10月7日(火)に会場準備を行いました。

県内の曹洞宗寺院から提供頂いた品々をスタッフ総出で搬入し仕分けします。

IMG_4293
IMG_4291

IMG_4287

 

その後、仕分けした商品に値札を貼っていきます。
商品数はなんと4450点にのぼりました!  IMG_4314 IMG_4318

 

 

そして準備も整い開催当日は快晴!

今回は第9教区様のご好意により豚汁、おにぎり、お茶、コーヒーが来場者に振る舞われました。中にはスーパーボールすくいもあり和やかな雰囲気となりました。IMG_4334

IMG_4344 IMG_4353

 


販売前には天野会長よりチャリティバザーの開催趣旨の説明を行い、また曹洞宗の「青少年健全育成教化委員」によるバザーを題材にした余興劇の披露がありました。

IMG_4388 IMG_4408

 


そして午後1時販売開始!

IMG_4424 IMG_4437 IMG_4436

IMG_4447

開場を埋め尽くす人!
来場者は600人を超え、用意した商品はあっという間に売り切れてしまいました。

買い物を終えた来場者は両手にたくさんの荷物を抱え笑顔で満足頂けたようでした。
IMG_4459
IMG_4455

おかげさまで売上げは大台の100万円を超えました!
誠にありがとうございました!
売上げ金、寄付金は全額カンボジアの教育支援に充てさせて頂きます。

20回目の節目となった今回のチャリティバザー。
今までに無い企画イベントもあり、次回に繋がる開催となりました。

傾聴行茶活動報告⑥

 

H26.3.7傾聴行茶活動1_1
平成26年3月7日(金)今年度最後となる第8回傾聴行茶活動『ほっとひといき』を昨年7月に引き続き多賀城市内の仮設住宅にて行って参りました

宮曹青会員12名の参加があり、12時30分から山王市営住宅跡地応急仮設住宅、高橋公園応急仮設住宅、多賀城中学校応急仮設住宅の集会所3カ所に分かれて活動して参りました。
H26.3.7傾聴行茶活動2_1

今回は合計27名(山王13名、高橋7名、中学校7名)の方に来て頂きました。

H26.3.7傾聴行茶活動5_1

今回は、匂い袋作りや御詠歌写経などを行って頂き、「心が落ち着きますね」「頂いた匂い袋を枕元に置いてゆっくり眠れそうです」などというお声を頂きました。

H26.3.7傾聴行茶活動3_1

こちらがお作り頂いた匂い袋です。皆さん、やはり私たちよりも上手に作っていらっしゃいました!

H26.3.7傾聴行茶活動6_1

作業の後はお茶を飲みながら、震災時の体験談や昔の多賀城のくらし、現在お困りの悩みなどをお話し、共に貴重な時間を過ごさせて頂きました。

H26.3.7傾聴行茶活動4_1

今回も特別会員の仕出し料理の「梅田」様のご協力を仰ぎ、おでん、おくずかけ、わらび餅、コーヒーをご提供頂きました。ご協力誠にありがとうございました。

 

平成25年度「会員大会」開催報告

平成26年1月28日午後2時より、
ホテルグランテラス仙台に於いて平成25年度「会員大会」が開催され
宮曹青正会員、特別会員合わせ72名の参加にて行われました。s_P1000864
第1部「ボランティア講演会」では講師に前曹洞宗東北管区教化センター統括で徳本寺住職 早坂文明老師を迎え「歌うようにボランティア」と題してご講演頂きました。
s_P1000818
講演は宮城県曹洞宗青年会が今まで行って来た活動と東日本大震災以降の取り組みや
歌や音楽の語り掛ける力についてのお話を頂きました。
s_P1000855

 

 

 

 

 

 

 
講演会後、午後4時から第2部「ボーリング大会」、第3部「懇親会」と開催され日頃お世話になっている特別会員さまと交流し懇親を深めました。